ダッチウエスト(DOTCHWEST) Large FA265


 

DOTCHWEST Large FA265(ダッチウエスト ラージ エフエ―265)
ダッチウエストの象徴として君臨
燃費・クリーン燃焼・暖かさのすべてに群を抜く高性能

対流式と輻射熱のコンビネーションで部屋の隅々まで暖かさが届きます。
フェデラルコンベクションヒーターは、その優れた熱効率と、無駄に薪を消費しない燃費の良さで、
1980年の発売当時から、変わらぬ人気を誇っています。
フェデラルコンベクションヒーターの表面は、小石で打ったような仕上げになっています。
これは、デザイン性のためだけでなく、蓄熱・放熱面積を上げるために一役買っているのです。
この凸凹によって表面積が40%もアップ。さらに、ストーブの内壁を二重にすることで、
放熱面積が58%アップしています。 従来の薪ストーブの約2倍の放熱性があります。
放出するため凸凹を作ってありますが、反面、やかんなどをのせた時、
底が密着しないのでお湯が沸きにくいという欠点があります。
これを解決し、熱伝導率を高めたのが、表面を滑らかに処理したクッキングトップです。
理想の薪燃焼システムは、キャタリティックコンバスター(触媒装置)によって実現しました。
自動車の排出ガスをクリーンにする機能でよく知られている触媒装置ですが、これを薪ストーブに応用したことにより、
ハイレベルなストーブ「フェデラルコンベクションヒーター」が生まれました。
三次燃焼室に納められたキャタリティックコンバスターは、250℃から効果を発揮し高い温度を発するため、
その直下にある二次燃焼室も同時に熱せられ、相乗効果によってクリーンバーニングが加速されます。
(これに一次燃焼室の燃焼を加えて3つの燃焼パワー“トリパワー燃焼システム“といいます) このトリパワーにより、
ススやクレオソートなどの汚染物質の量が従来のストーブのおよそ十分の一以下になります。
地球環境にダメージを与えない、クリーンな排気システムを持つフェデラルコンベクションヒーターは
まさに、理想的な薪ストーブと言えます。

本体価格:410,000円(税込442,800円)
炉台工事、ストーブ設置工事(煙突の取付工事を含む)の費用は別途になります。
最大熱出力 10,100kcal
寸法 高さ750 x 幅600 x 奥行き590mm
重量 197kg
最大薪長さ 55cm
暖房面積 74 – 144 m²
煙突径 Ф152mm(6インチ)
排気煙量 1.4 g/hr
可熱物との安全距離 背面77cm / 側面91cm

設置図面